マクロスと俺(6)マクロスの沼へ

昨年10月~今年1月までの4ヶ月間で「マクロス」シリーズを制作された順に全作品視聴。

初代TVシリーズは絵は酷いけどクソ面白い。「愛おぼ」が語り継がれる理由が分かりました。

シリーズ唯一リアルタイム視聴の「7」はただただ懐かしい。でも結構忘れてる。
しかし序盤の数話が毎回毎回同じ展開でビックリした。
バンクシーンもやたら多い。
流石シリーズ中唯一の50話越え作品です。

「F」も面白い。ランカにシェリル、シリーズ随一の人気キャラ、これにも納得。
ただFは評判が良かったので期待してたけど、内容はそこまでじゃなかったかな。
作画レベルはシリーズ随一ですね。

逆に「Δ」は酷評されてたので、そこまで酷くないと思いました。
そしてメッサーのシーンとワルキューレの楽曲の本編での使われ方も相俟って、
シリーズ中Δが一番のお気に入りに。
(余談ですが「II」「プラス」「ゼロ」も観ました)。

発表当初は自分には関係ないと思っていたワルキューレ3rd LIVEや劇場版も観に行き
すっかりマクロスの沼にハマった状態。
まさか劇場版をMX4D含めて7回も観る事になるとは思いませんでした。
2~5月の4ヶ月間、毎月観てますからね。
3月の映画ドラえもんが始める前に観始めて、最終的には同時期にGW後の
名探偵コナンがやってるんですから。
更に6月にはMX4D版「マクロスF イツワリノウタヒメ」も観ましたし…。

無理やり〆に入りますが
以上、自分がマクロスファンになるまでをまとめてみました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック